2017年06月18日

父の日に父のことを。

今日は父の日ですね。。


そんで、昨日は私の父親の誕生日でした。
亡くなったのが2011年の9月末で63歳で亡くなりました。

ちょうど6年前の誕生日は、
ガンの診断をうけて、長くないっていう感じで

あーこの人死ぬんだーなーとドラマみたいに
思って


結局、診断から、3ヶ月、9月の末に亡くなりました。。
いい死に方があるとしたら、いい死に方だったと思った。。

そんなことないのかなーどうかな。。
肝臓がんの末期で、3ヶ月って感じでそのまま死んだ。。


うちの父親は、本当にひどくて、
母に手を上げていたし、いつ母親が殺されてたどうしよう、死んでるかもって
私はよく思ってた。。

DVとかモラハラとかってだとおもう。
すごい働いてたけど、金遣いもひどくて大変だったとおもう。

父親が母親の首をしめるとか、包丁をお母さんと一緒に隠そうとしたり。

ひどい親。
あたし、すごいまっとうに育ってるえらいってよくおもってた。。

子供のころ、ずっと
男に生まれてきたらよかったのに
父親刺して死ねるのに、
あたしが妹を守るんだって
思って生きてきた。。
たぶんそれは妹を嫁にだすまではずっと思ってた。

だから彼氏になるひとは、「俺としーちゃんどっちが大事?」ときいてきた。。

「そりゃしーちゃんだよ!」って即答してたけど。。


そんな風に育つと、自分はあんなひどい奴の子供で、頭がおかしいんじゃないかっ
て思うの。。

あたしは、おかしいんだーって。。

だから、ちゃんと愛されなくてだめなんだーって。。

父親にほめられた記憶がなかった。
勉強ができても、なんも。。いつも反抗してた。
中途半端にぐれちゃうような反抗じゃないけど。。


父親が最期に入院した病院が、目白の聖母病院で、、
ドクターもシスターだったし、
大きな聖堂があって、
毎朝、礼拝もあるようなところだった。
病棟をシスターがまわって、
患者の話をきいてくれるような、本当にいい病院だった。。
info2_church01.jpg

酒もタバコもばりばりやってた、父親がお酒は飲めなくなって、
でもタバコだけ吸いたくて、吸いたくてね。。

死んじゃう10日くらい前に、
ベットごと4人がかりでおろしてもらって外でタバコを
吸わせてくれた。私が口元にタバコをそえて。。

あんな父親が、シスターに懺悔してたらしい、そしてミサにでてた。。
シスターに
うちの母親が10年以上別居してたのに、
あいつは籍をぬかなかったんだーってうれしそうに言ってたらしいよ。。
ばかでしょ。。


なんでこんなこと書いてるかっていうと。。


昨日、うちの従姉妹に子供が産まれたそうだ。。
徳島で女児誕生。。
うちのお母さんが、
「お父さんの誕生日だから忘れないわね。」ってメールしてきたらしい。。

そんな風に思うんだ。。
あんなに苦しめられて、苦労させられてひどかったのに。。


でも、お母さんは、もう、いいよって
ゆるしたんだね。

死んだからゆるしたのか、

なんなのか。わからないけど。

うちの母、18で東京で、ナンパされたのがお父さんだったんだと思う。

大変だったのに、どっかであたしが生まれてこなければ、母親しばってるのが
あたしだっておもったのもあったし。。

でも母は、死んでから、悪口言わなくなった。。



私はというと、

こんな父親の子供だから、だめなんだー?ってかおかしいのかなーあたしって
憎んでうらんでたとこもある。

わたしは見た目も性格も父親に似ていて、それも本当にいやだった。。


でも、
もう、
しょうがないから、いいことにする。。


私は、その二人から生まれたきたけど、わたしはわたしって。

すこしずつ、私がわたしを受け入れるように。


どうぞ、こんなですがよろしく。





今年は、自分の中のいらないものをそぎおとしてすっきりしていきたい。

posted by リク at 20:38| 東京 ☔| Comment(0) | love | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。