2018年09月03日

はばたきたい!


 昨日というか、たまに店の前とかでも見たりする光景でいいなーと思うのが。


男の人が女性にっていうか、差し出す手が、
「あー手を差し出してるなー。」

って、思って見えたとき。
「いいなー、相手を思う手なのだ。」と思うの。

よくあるのは、
コンビニからでてきて

重いのを持つよって、奥さんだか彼女だかの持ってる荷物に差し出す手。

あー優しいな愛だなって、うれしくなる。


それとはちがう、手の話。


久々にデートだわ。
と思って、
うちの姪二人と私でランチすることになって、楽しみーと思って立川まで行ったけど。

高1と小6にもなった、うちの姪達は、それぞれ、それはとても生意気な女子なのであった。
上は
私のあげたデニムのパンツをぴったりサイズで着てたし
このあと、友達と映画にいくから、ねーねーバイバイみたいな。

下の小6に「はい」って手繋いでも
なんか違和感。
そりゃそうか、小6は母親、それに準ずるあたしなんかと手はつなぐ年じゃないんだなー。


なんか、手から、

「放してー、はなして、あたし羽ばたきたいんだから。」

と言われてるようだった。

立川から一駅の自宅、駅から10分以内に

「一人で帰りたいからついてこないで!」っていわれて、
心配って思ったけど、

思えば私、子供の時、

小4の時から一人で、池袋とか中野に塾に通ってたのよね。だから行けないことないのよね。

そりゃ
時代とか、危険とか
どっちがどうかってわからないけど。


でも、心配ばっかしないで、

自分でやりたいこと

一人でどんどんできること、認めて、

それを応援してあげなきゃなんだよなー。

どんどんこれから

私の想像もしない未来に飛び込んでいくんだよなー。

って、あたしが先に止めてどうするのよね。

柔軟な方の大人のつもりでいたのに、

だめじゃんね。

心配ばっかしても。

きっと、彼女たちが、手をつないでも、放したくない、
ずっとつないでいたいよーっておもうのは、
この先は、愛する彼とかになるんだろうな。


そういうのあってほしいし、楽しみだなー。



20180903043236072.jpg

その日に食べた、冷麺ランチ

あの日は死ぬほど暑かった。

夏が終わりましたね。

なんてどうかなー。

posted by リク at 04:37| 東京 ☁| Comment(0) | love | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。